既卒就活 PR

石の上にも三年は仕事において意味がない?無駄?早期退職したい人必見の解決策も紹介

「辛くても、今の仕事を頑張らないといけないのかな」

「想像していた仕事と違って退職したいけど、まだ早いのかな」

「すぐに仕事をやめたら、次の仕事って見つけられないのかな」

といった悩みはありませんか?

本記事では仕事における「石の上にも三年」の意味や、信じ続けた人の末路について解説します。

今の仕事に違和感のある人・早期退職を考えている人はぜひ目を通してみてください。

「石の上にも三年」は仕事において意味ないのは本当?

「石の上にも三年」という言葉は、忍耐強く辛抱することで成功が得られるという意味ですが、これが現代の仕事においても常に当てはまるわけではありません。

自分に合わない仕事を無理に続けることは、個人の成長や健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

「石の上にも三年」が仕事にもたらすリスク

「石の上にも三年」が仕事にもたらすリスクは下記のとおりです。

  • モチベーションが低下し続けて仕事で成果が出なくなる
  • 業界市場における新しい機会を見落としてしまう
  • 自分の価値・能力を適切に評価できなくなる
  • 転職を先延ばしにしてしまう

それぞれ詳しく解説していきます。

モチベーションが低下し続けて仕事で成果が出なくなる

自分に合わない職場で無理に働き続けると、モチベーションの低下という深刻な問題を引き起こし、仕事の成果を大きく阻害することがあります。

モチベーションが低下すると、日々の仕事への意欲が減少してしまい、目の前の業務に集中できません。

結果的に、生産性が上がらず思うような成果を出せなくなってしまいます。

また、成果を出せないことで、キャリアとしてもステップアップができず、さらにモチベーションが低下するという悪循環に陥る可能性もあります。

業界市場における新しい機会を見落としてしまう 

視野を広げず同じ職場に留まることは、新しい市場や業界のトレンドを見落とすリスクを伴います。

みなさんも、周りの環境が日々目まぐるしく変化をしていることを実感しているのではないでしょうか。

特に近年、AIが業務にも活かされるようになり、求められるスキルが大きく変わり始めています。

そのため、ただ目の前にある仕事だけ取り組んでいては、キャリアのステップアップにつながる新しいスキルや知識を得られない可能性が高いでしょう。

業界市場の新しい機会を見逃さないためにも、今の仕事を黙々とこなすだけではなく、アンテナ高く視野を広げていく必要があります。

自分の価値・能力を適切に評価できなくなる

長期間同じ職場で働いていると、自己の能力や価値を正確に評価することが難しくなります。

なぜならこれまで受けてきた評価は、あなたの市場価値に対する評価ではなく、今所属している職場の中だけの評価だからです。

今いる職場では評価が低くても、転職先では自分の強みを活かし大きな成果を上げられることも十分にあり得るでしょう。

自分の市場価値を正確に把握できないと、転職での成功率の低下や、職業選択をミスするリスクが高まります。

転職を先延ばしにしてしまう

忍耐力を重視する考え方に固執してしまうと、転職が先延ばしになってしまいます。

その結果、キャリアのステップアップができず、個人のスキルや経験を新しい環境で活かすチャンスを失うことにつながります。

近年はAIなどのテクノロジーの発達により、労働市場で求められるスキルが目まぐるしく変化しているため、これまでの常識やスキルがあっという間に通用しなくなることも珍しくありません。

転職を先延ばしにすると、人生における重要なターニングポイントを逃すことになるので、適切なタイミングで転職活動をする必要があります。

「石の上にも三年」という言葉に頼り仕事し続けた末路

これまで「石の上にも三年」が仕事にもたらすリスクについて解説してきました。

それでは実際に「石の上にも三年」の言葉通り仕事を続けたら、どのような結果になる可能性があるのでしょうか。

今回は辛抱強く仕事を続けることで起こりうるパターンについてご紹介します。

もちろん良い結果になることもありますが、悪い結果になることも十分にあり得ます。

それぞれのパターンをしっかり把握して、自分の行動を考えていきましょう。

やりがいを見出して昇進していくパターン

「石の上にも三年」の考えが、必ずしも間違っているわけではありません。

辛抱強く業務に取り組むことで、長期間の努力が実を結び、昇進につながるケースもあります。

しかし、こうした成功は個人の持つ能力や適応力、さらには職場のサポート体制や環境など、多くの要因に左右されるため、一概にすべての人に当てはまるわけではありません。

やりがいを見出し昇進していくには、自分の強みを理解し、職場環境とうまく付き合っていく必要があります。

ただ勤務年数が長くなり辞めづらくなるパターン

辛抱強く仕事を続けたものの、ただ勤務年数だけが増え、辞めづらい環境になってしまうこともあります。

勤務年数が増えれば、必ずキャリアアップできるとは限りません。

人によってはキャリアアップができないだけでなく、収入さえ上がらないケースもあります。

勤務年数が増える一方で、スキルはないため市場価値が下がり続け、結果として辞めづらくなってしまうのです。

気づいたときには、転職するという選択肢が自分の頭の中からなくなっている可能性も0ではありません。

ストレスによって適応障害・うつ病になってしまうパターン

辛い仕事を無理に続けてしまうことで、精神的なストレスが増え、適応障害やうつ病になってしまうケースも存在します。

職場からの要求と個人の能力や期待との間の不一致は、精神的な疲労やストレスを蓄積させ、長期間にわたる心身の健康問題を引き起こします。

その結果、仕事だけでなく私生活にも悪影響をもたらし、自分の人生を大きく変えてしまうことにもなりかねません。

つまり、辛抱強く続けることが、必ずしも良い結果をもたらすわけではないのです。

「石の上にも三年」に嫌気が差した人は転職や早期退職もおすすめ

これまでお伝えしたきたように、仕事において「石の上にも三年」という考えを持ち続ける必要はありません。

なぜなら、自分のキャリアアップの遅れにつながる可能性があるだけでなく、適応障害やうつ病など私生活にも悪影響を及ぼす場合もあるからです。

そんな環境から抜け出したい人は、転職や早期退職を考えることがおすすめ。

しかし転職と言っても、なにから始めるべきかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「転職したいけど、なにをすればいいのかわからない」そんな人のために、おすすめの転職サービスをご紹介します。

2.ハタラクティブ

対象20代の未経験者向け
求人数約1,100件(※1)
就職成功・内定率就職成功率80.4%(※2)
特徴最短2週間で内定
料金無料
拠点渋谷・池袋・大阪梅田・名古屋・福岡
運営会社レバレジーズ株式会社

(※1)2024年2月2日時点 公開募集中案件のみ
(※2)2022年2月~2022年4月時点の面接実施した求職者数のうち、内定が出た求職者の割合

ハタラクティブは、フリーターや既卒・第二新卒など、若年層向けの就職支援サービス。

性格や経歴のヒアリング、丁寧な面接対策などマンツーマンで実施してくれるので、初めての転職活動も安心して実施できますし、就職成功率は80.4%と驚異の数字を誇っています。

また、最短2週間で内定がもらえるので、今の環境をすぐに変えたい人にぴったりの転職サービスです。

自分のやりたいことや自分の強みを活かせる職場が見つかりますよ。

\既卒&フリーターOK/

カウンセリング実績10万人突破!

2.ウズキャリ既卒

対象20代の第二新卒、既卒、フリーター向け
求人数約1,500社以上(※1)
就職成功・内定率転職成功率86%(※2)
特徴充実したサポート体制
料金無料
拠点東京・大阪・旭川
運営会社株式会社UZUZ

(※1)参考:https://uzuz.jp/service/career-support/column/faq_cont/article-2907-author-uzuz29/
(※2)参考:https://uzuz.jp/service/career-support/column/faq_cont/article-2869-author-uzuz29/

ウズキャリ既卒は、20代の既卒者・第二新卒向けの転職エージェントサービス。

面談で自分の適性を判断してくれるので「どんな仕事が自分に向いているのかわからない」と悩む人でも自分に合った仕事が見つかります。

またウズキャリ既卒に登録している企業は、ウズキャリ既卒の厳格な基準をクリアした企業だけなので「転職先がブラック企業だった…」と後悔するリスクは低いと言えるでしょう。

自分の希望に沿った最高の職場に出会えますよ。

\簡単1分・就職支援実績52,431人/

6月から働ける優良企業多数◎

まとめ:仕事では「石の上にも三年」を鵜呑みにし過ぎないようにしよう

「石の上にも三年」と昔はよく言われていましたが、今の時代全員が当てはまるわけではありません。

辛いことに立ち向かうことも大切ですが、それに固執するのではなく、いろいろな可能性があることを頭に入れておきましょう。

転職や早期退職もその選択肢の一つです。

今の仕事をただ黙々とこなすだけではなく、自分に合った環境を見つけるために、視野を広げて行動してみてくださいね。